県道飯能寄居線の照明設備設置工事完了しました

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

県道30号飯能寄居線北平沢工区の照明設備設置工事が完了いたしました。
LED照明化したことにより、環境にやさしく、安全に通行できるようになりました。
写真は平沢橋周辺の状況です。

発電量アップ!ノウハウ公開(7)

環境を守り発電量アップ!


Exif_JPEG_PICTURE年間発電実績:1,307KWh/kW
(1日当たり3.58kWh/kWp)

植物の蒸散作用を利用することで環境温度を下げ、出力アップ!!
周辺の緑化により、保水力を高め土砂の流出防止!!
蜜源植物で環境形成し、自然の生産性を高めます!!

発電量アップ!ノウハウ公開(6)

PR実測データJP

確かなO&Mで出力アップ!
PR値(日・月・年)を把握比較することでシステムの特性と不具合を判断し出力アップ!
この数字の高さが弊社のシステム設計の確かな証明です。
※平均的なシステムのPR値は80%程度です。

発電量アップ!ノウハウ公開(5)

n4

確かな保守サービスで出力アップ!
ネットワークカメラとソーラーロガーを使用した遠隔監視で、発電低下要因を特定し、素早い対応で出力アップを計ります。

<図の説明>
1月18日の例では、期待発電量に対して実発電量が低い状態です。
ネットワークカメラで確認すると、パネル上に積雪のあることがわかります。
翌19日の午前9:00頃にはパネル上の雪が落ち、期待発電量に近い実発電量を記録していることがわかります。
システム設計の確かさと保守サービスの充実で発電量アップ!
パネルの傾斜角度は20~30度、南向きが弊社の標準です。(※現場の条件によります)

発電量アップ!ノウハウ公開(4)

野立太陽光発電量の限界にチャレンジ!
年間発電実績:1,427kWh/kW  (1日当たり3.9kWh/kW)
パネル検査
パネル不良を早期発見しよう

弊社の施工実績では、約28,800枚施工して1枚程度の不良パネルが発見されます。
綿密な竣工検査が発電量の決め手です!!

発電量アップ!ノウハウ公開(3)

野立太陽光発電量の限界にチャレンジ!


冬至の朝年間発電実績:1,427kWh/kW
(1日当たり3.9kWh/kW)

影をなくして出力アップ!!
(冬至の早朝を基準にして設計しよう)
周囲の環境に合わせた適正な方位で出力アップ!!
(真南±10度の範囲を目標にしよう)
適正な傾斜角で出力アップ!!
(20度~30度の範囲)

発電量アップ!ノウハウ公開(2)

野立太陽光発電量の限界にチャレンジ!

グランドカバー

年間発電実績:1,427kWh/kW
(1日当たり3.9kWh/kW)

低損失のシステム設計技術
グランドカバーで環境整備
パネル温度上昇を抑え、効率アップ!
粉塵からパネルを守り、出力アップ!